株式会社物理計測コンサルタント

会社案内図
会社情報 業務内容 温泉・地下水 Company Outline お問い合わせ ホーム
温泉・地下水
 

温泉の湯量増加にジェット・パーフォレーション

孔井掘削時の抑留対策にバックオフ

孔径検層とBHTV検層によるケーシングダメージ調査

光ファイバーによる温度測定

温泉・地下水
孔径検層とBHTV検層(ボアホール・テレビュアー)によるケーシングダメージ調査
 一般に孔径検層BHTV検層(ボアホール・テレビュアー)は、ケーシングがまだ未挿入の裸孔状態のときに計測を行います。
 以下の測定例は、逆にケーシングが挿入された状態で、それぞれの検層の特性を生かして、ケーシングのダメージを調査したものです。


1. ストレーナーのダメージ調査例(BHTV検層)
2. ケーシング・インスペクション(ケーシング減肉調査)
3. ケーシング・ジョイントの異常箇所によるイメージの歪み
4. ケーシングパイプのジョイント部分で、パイプがずれた時の測定例

1. ストレーナーのダメージ調査例(BHTV検層)
孔明管のBHTVイメージ画像
< 孔明管のBHTVイメージ画像 >

2. ケーシング・インスペクション(ケーシング減肉調査)

 ケーシングパイプ内に入射する超音波の反射波を計測することによって、ケーシングの肉厚や減肉状況がわかります。
 また、この測定例では認められませんでしたが、ケーシング外側の腐食も検知することができます。

ケーシングのBHTVイメージ画像
<ケーシングのBHTVイメージ画像 >


3. ケーシング・ジョイントの異常箇所によるイメージの歪み
 この測定から、ケーシング・ジョイントの隙間に異物があると考えられます。
(実際は、別の方法により、セメントがケーシング・ジョイントから出ていたと確認されました。)

ケーシング異常ジョイント部のBHTVイメージ
< ケーシング異常ジョイント部のBHTVイメージ >

4. ケーシングパイプのジョイント部分で、パイプがずれた時の測定例
 以下の測定は、まず孔径検層により異常個所の深度を確定し、その後BHTV検層(ボアホール・テレビュアー)によりその箇所を精査したものです。
 この測定の結果、ある深度で下部のケーシングが、下に47cm、横に4.08cmずれたことが分かります(なお、断面図は、BHTV検層(ボアホール・テレビュアー)の反射波の走行時間から計算されたものです)。
孔径検層結果
< 孔径検層結果 >
深度XX3.0m付近の坑径半径ログとツールの偏芯
< 深度XX3.0m付近の坑径半径ログとツールの偏芯 >
深度X17.63mと深度X27.38mの抗井断面図
< 深度X17.63mと深度X27.38mの抗井断面図 >

ページトップへ ▲
 
個人情報の取り扱いについて採用情報サイトマップ
© 2001 Geophysical Surveying Co., Ltd. All Right Reserved